1. ホーム
  2. 寺内町の館とは

寺内町の館とは

寺内町の館

一身田寺内町は、高田本山専修寺を中心にして発展した寺内町で、特に現在もほぼ完全な形で環濠が残されるなど、多くの文化財や歴史的な町並みを現在に伝えています。
このことから、一身田寺内町における地域固有の歴史、文化等の紹介、案内等を通じて、地域の文化財の保護、保存及び活用を図るとともに、住民による積極的な交流の場として供し、地域社会の健全な発展の促進及び住民福祉の増進を図るため、津市一身田寺内町の館を設置しました。

開館時間
9時30分から16時まで
(ただし、事前に申請があった場合、2階会議施設は21時30分まで利用可能です)
休館日
毎週月曜日(ただし、月曜日が休日の場合は、その翌日)
12月29日から1月3日まで
所在地
〒514-0114
津市一身田町758番地
電話
059-233-6666

施設概要

  • 敷地面積  368.58平方メートル
  • 延床面積  291.49平方メートル
  • 構造  木造2階建

施設内容

1階「ガイダンス施設」は、一身田寺内町を訪れる人々の散策回遊拠点となっております。
どなたでもお気軽に、無料でご入場いただけます。

休憩室(約75平方メートル)
休憩室休憩室
来訪者用休憩スペースとしてベンチ式椅子を設置。
備え付けのテレビで、「一身田寺内町」の紹介ビデオを上映しています。
展示室(約50平方メートル)
展示室
一身田寺内町の歴史・文化を紹介。
写真解説パネルや一身田寺内町の復元模型を展示しております。

2階/会議施設使用申し込みはこちら

寺内町を楽しもう
  • お食事
  • おみやげ
  • ご宿泊
  • 散策コース
  • 撮影スポット